柏パパの放射線測定日記

柏在住の2児のパパです。「ホットスポット」と呼ばれる千葉県柏市の放射線量を計測し、アップしてゆきます。子供たちが安全に暮らしていける様に除洗されるのが最終的な目標です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

柏第四小学校の除洗作業に参加してきました!

本日は、柏市立柏第四小学校の保護者ボランティアによる除洗作業がありましたので、参加してきました。

昨日がすごく暑かったので、気温が心配でしたが、曇り空で日差しが強くなかったのが幸いでした。
それでもすごく暑かったですが・・・

朝の9時開始でしたが、グラウンドに集合した父兄は100人くらいはいたでしょうか?
思ったよりも参加している父兄が多く、やはり皆子供のことを心配しているのだなと思いました。


F1010159_convert_20110911220407[1]  F1010158_convert_20110911220533[1]
(プライベートのため画像を小さくしています)

学年毎に除洗する場所を分担して、作業を開始しました。

私が担当したのは、プール脇の側溝でしたが、蓋をはずすと土がびっしり!
試しにその土の上を測定してみましたがなんと2.35μSv/hもありました。
これには一緒に作業していたご父兄もびっくりされていました。

周辺の空間線量は0.2μSv/hくらいでしたが、やはり側溝は雨で流れてきた放射性物質がたまっているのですね~。

土をスコップで取っては土のうに入れる作業は骨が折れましたが、
作業後の線量は0.20μSv/hまで下がりました!

きつい作業ですが、子供たちへの影響が少なくなることを思えば、何てこと無いですね。

30分おきの休憩をはさんで、しばらくして、プール脇の側溝の除洗が終わりました。
出来上がった土嚢の数は、40~50袋はあったでしょうか?
試しに集めた袋の上で計ってみると1μSv/hを超えていました。

これらの土嚢は校舎裏に大きな穴を掘って埋めるそうです。それにしても5m位の側溝でこの量ですから、学校全体でどれくらいになるのか想像もつきませんし、福島から200Kmも離れた柏にこれだけの放射性物質が飛来してきているのは驚きです。

別の場所に移るときに校庭の作業が見えました。

F1010157.jpg

トンボを使って表面を削るこれもまた地道な作業です。ちなみに校庭の線量はそれほど下がっていないとのことでしたが、
私の測定では0.29μSv/hでしたので、当初に比べれば0.2μSv位は低くなっています。



別の側溝も手をつけましたが、途中で雷が鳴り出したため、作業自体は10時30分で打ち切りとなりました。

校庭は2/3くらい、側溝もまだ手付かずのところが残っていましたが、こちらは25日に作業することに。
25日は用事があって予定できるか微妙ですが、可能であればまた参加します!

子供たちのためにも、まだまだ我々の頑張りが必要です。


参加された父兄の皆様、本当にお疲れ様でした!

スポンサーサイト

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

放射線量軽減のための除洗の取り組み | コメント:12 | トラックバック:2 |

柏市が学校等における放射線量の低減対策について発表しました!

柏市が7/20に学校・保育園等における、放射線量の低減対策についてHPで発表いたしました!

以下、HPにて発表された内容です。


この度、東葛地区放射線量対策協議会(会長 秋山浩保柏市長)から市内の放射線量に関する中間報告、今後の方針、測定結果に基づく専門家の見解が公表されました。

つきましては、この報告等に基づき学校、保育園等における今後の放射線量の低減対策につきまして、下記のとおり方針を決定しましたのでお知らせいたします。

なお、各私立幼稚園・私立保育園につきましては、私立幼稚園協会・私立認可保育園協議会を通じて市の方針を伝え、連携を図ってまいります。

1 空間放射線量の継続測定

当面の間は、市(市教育委員会)による月1回(概ね月初め)の定点測定と公表を継続します。


2 年間被ばく量の算定

児童・生徒等の生活実態に即した年間被ばく量を算定するため、電子式個人積算線量計(一定の環境・期間に被ばくした放射線量を積算して測定するもの)の導入を8月以降を目途に準備を進めます。


3 空間放射線量の高い区画の把握及び空間放射線量の低減対策

各学校・保育園等において、相対的に空間放射線量の高い区画の把握を行います。これにより毎時1マイクロシーベルトを超えた地点(又は、周辺に比較し線量の高い地点)は、順次、清掃(草刈り、土砂の撤去、水洗い等)を行っていきます。


4 運動会(体育祭)、部活動での配慮事項について

各学校等の事情により、取り扱いには差異があります。

運動会では、開閉会式の簡略化や種目の精選等、効率のよい活動を心がけます。
運動会では、児童・生徒等及び観覧者の昼食スペースとして、合理的な範囲内で体育館や教室の開放を検討します。
運動会の練習及び部活動では、計画的な練習及び練習時間の短縮に努めます。
運動会(練習を含む)及び部活動では、練習後の手・足洗い、うがい、着替えの指導を徹底してまいります(保育園ではできるだけ練習後シャワーを行います。)。
運動会(練習を含む)では、特に土に触れる種目(組体操の内容等)への配慮を行います。
強風に備えて、校庭・園庭への水撒きはこまめに行ってまいります。


5 給食食材の安全確保について

給食の食材につきましては、生産者等に対しては出荷前検査の実施や食材の安全確認を働きかけるとともに、安全な食材の選定や納品時のチェック体制(産地等)の強化を図ってまいります。


6 問い合わせ

市立幼稚園、小・中・高等学校に関すること
学校教育課 電話番号:04-7191-7367
市立保育園に関すること
保育課 電話番号:04-7167-1137
私立保育園に関すること
保育課 電話番号:04-7167-1137
私立幼稚園に関すること
児童育成課 電話番号:04-7167-1595


また、松葉町パパさんからの情報ですが、お子さんの通われている
小学校から、保護者への除染作業の協力依頼があったそうです!


松葉町放射線だより  ← 松葉町パパのブログです


放射線低減の対策をずっとお願いされてきたそうですが、

・報道等で度々取り上げられたこと
・近隣の幼稚園・保育園で教員の方や保護者有志による除染が行われたこと。
・保護者からの消極的姿勢への非難の高まり

等様々な理由により、学校側が動いてくれたようです。

このような良識を持った小学校も出てきたようで、本当にうれしい限りです!
松葉町パパさん、貴重な情報を有難うございました。


まだまだ、動いていない学校についても、我々父兄の働きかけ次第では、動いてくれる可能性が出てきました!

皆さん、子供たちを守るために頑張って行きましょう!

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

放射線量軽減のための除洗の取り組み | コメント:4 | トラックバック:0 |

またひとつ市内の幼稚園で除洗作業が行われました!

これは、私自身が参加したのではないのですが、友人が、本日市内のとある幼稚園での除洗作業の話を聞かせてくれました。

こちらの幼稚園では「おやじの会」なるものが結成されており、今日はその有志の方たちで幼稚園の除洗作業を行ったとのことです。

側溝や除草を中心に数時間をかけての重労働だったそうです。

その園の空間線量は 0.3μSv/hから、高いところでは 0.6μSv/h位だったそうです。

除洗作業を終えて計測すると、0.1μSv/h台にまで下がったそうです。

ただ、除洗を行った泥や土を積み上げた場所を測定したところ、
2μSv/hを超える数値が計測された とのことです。

最終的にその土や泥をどう処分するのかまでは話は聞けませんでしたが、いずれにせよかなりの放射性物質を取り除くことが出来たと思うと話していました。

昨日は、私立幼稚園の放射線量測定結果(7月分)についてブログに書きましたがこれでまたひとつ放射能の影響の減った幼稚園が柏市内に出来ました!

このような動きが少しでも多くの場所で発生してゆけば、安心して子供たちが暮らせる柏がもどってくると思います。

おやじの会の有志の方々、本当にお疲れ様でした! GJです!!!

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

放射線量軽減のための除洗の取り組み | コメント:2 | トラックバック:0 |

柏市の教育関係者の方、是非見習ってください!

私の下の子供が通っている幼稚園のお話です。

たまたま私が自宅にいた日に、下の子がお迎えのバスに乗れず、仕方がなく私が車で子供を幼稚園に連れて行きました。

幼稚園について、園の入口で、先生に「○○組の××です、バスに乗り遅れたのでつれてきました!」と園庭にいた先生に声をかけ、子供を引き渡しました。

たまたま、そこに止まっていた軽トラックに乗った作業服をきた方が「××さん、おはようございます。」と私に声をかけてきました。

その軽トラックの荷台には、土がかなり積んであって
運転されていた方もどう見ても農家のおっさん(大変失礼!)にしか見えなかったので何かと思い、思わず身構えてしまいました。

「××さん、これ、見てください。私が手作業で園庭の土を削ったんですよ! 削る前 0.4μSvを超えていたのが、削ったら0.13μSv位まで下がりました。いや~大変でしたよ!」と笑っておっしゃいました。

その声を掛けてくれた方は、幼稚園の理事長で、以前私が、電話で園庭の表土除去の申し入れをした時にご対応いただいた方でした。

柏市による私立幼稚園の空間放射線量測定(6/16のブログ)←詳細はこちら

あのときの電話で名乗った名前を覚えて頂いていたのだと思います。たまたま、私が子供の名前を名乗ったのが聞こえたのでしょう、私に声を掛けてくれたのです。

確かに、園庭のいたるところが以前のように、平らではなく、でこぼこになっていました

私が驚いて、
「結構な量ですね、もしかして、スコップでやられたのですか?」と聞いたところ、

「そうですよ~」と言われ、さらに

「砂場の放射線量もまだ高いので、さらに追加で砂の入れ替えをやるつもりです、とりあえずご報告まで。」
とにこやかに言い残して、トラックに乗って行かれました。

6月に、園庭の表土除去を私立柏幼稚園協会に打診して、拒否され泣く泣く断念したとは電話で聞きましたが、
なんと理事長自らしかも手作業で、表土除去をやっていらっしゃったとは知りませんでした!

恐らく、私立幼稚園協会との兼ね合いや予算の問題もあり、重機を入れての公の作業は出来なかったのでしょう。広い園庭をこつこつとスコップで削っていく作業は、私でも音を上げるほどの重労働だと思います。

本当に園児のことを考えてくれているすばらしい方だと、帰りの車の中で思わず涙が出てしまいました・・・

柏市内の幼稚園の理事長・小中高校の校長先生、私立幼稚園協会の関係者、教育委員会の関係者、市役所の職員、そして秋山市長!

こちらの幼稚園の理事長やみ○に幼稚園の理事長のように
こんなにも子供のことを思い、身を削るような作業をされている方が現にいらっしゃるんです!是非彼らの行動を見習って頂きたい!

私も、負けずに頑張らなくてはいけないと強く強~く再認識した出来事でした。

子供たちの未来を守るためなんだ、絶対負けてやらねーからな!


続きを読む

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

放射線量軽減のための除洗の取り組み | コメント:11 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。