柏パパの放射線測定日記

柏在住の2児のパパです。「ホットスポット」と呼ばれる千葉県柏市の放射線量を計測し、アップしてゆきます。子供たちが安全に暮らしていける様に除洗されるのが最終的な目標です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

柏第四小学校の除洗作業に参加してきました!

本日は、柏市立柏第四小学校の保護者ボランティアによる除洗作業がありましたので、参加してきました。

昨日がすごく暑かったので、気温が心配でしたが、曇り空で日差しが強くなかったのが幸いでした。
それでもすごく暑かったですが・・・

朝の9時開始でしたが、グラウンドに集合した父兄は100人くらいはいたでしょうか?
思ったよりも参加している父兄が多く、やはり皆子供のことを心配しているのだなと思いました。


F1010159_convert_20110911220407[1]  F1010158_convert_20110911220533[1]
(プライベートのため画像を小さくしています)

学年毎に除洗する場所を分担して、作業を開始しました。

私が担当したのは、プール脇の側溝でしたが、蓋をはずすと土がびっしり!
試しにその土の上を測定してみましたがなんと2.35μSv/hもありました。
これには一緒に作業していたご父兄もびっくりされていました。

周辺の空間線量は0.2μSv/hくらいでしたが、やはり側溝は雨で流れてきた放射性物質がたまっているのですね~。

土をスコップで取っては土のうに入れる作業は骨が折れましたが、
作業後の線量は0.20μSv/hまで下がりました!

きつい作業ですが、子供たちへの影響が少なくなることを思えば、何てこと無いですね。

30分おきの休憩をはさんで、しばらくして、プール脇の側溝の除洗が終わりました。
出来上がった土嚢の数は、40~50袋はあったでしょうか?
試しに集めた袋の上で計ってみると1μSv/hを超えていました。

これらの土嚢は校舎裏に大きな穴を掘って埋めるそうです。それにしても5m位の側溝でこの量ですから、学校全体でどれくらいになるのか想像もつきませんし、福島から200Kmも離れた柏にこれだけの放射性物質が飛来してきているのは驚きです。

別の場所に移るときに校庭の作業が見えました。

F1010157.jpg

トンボを使って表面を削るこれもまた地道な作業です。ちなみに校庭の線量はそれほど下がっていないとのことでしたが、
私の測定では0.29μSv/hでしたので、当初に比べれば0.2μSv位は低くなっています。



別の側溝も手をつけましたが、途中で雷が鳴り出したため、作業自体は10時30分で打ち切りとなりました。

校庭は2/3くらい、側溝もまだ手付かずのところが残っていましたが、こちらは25日に作業することに。
25日は用事があって予定できるか微妙ですが、可能であればまた参加します!

子供たちのためにも、まだまだ我々の頑張りが必要です。


参加された父兄の皆様、本当にお疲れ様でした!

スポンサーサイト

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

放射線量軽減のための除洗の取り組み | コメント:12 | トラックバック:2 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。