柏パパの放射線測定日記

柏在住の2児のパパです。「ホットスポット」と呼ばれる千葉県柏市の放射線量を計測し、アップしてゆきます。子供たちが安全に暮らしていける様に除洗されるのが最終的な目標です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「柏パパの放射線計測日記」開始しました!

RD1503

はじめまして。

柏在住で2児の父の「柏パパ」と申します。

2011年3月11日に発生した地震により、福島第一原子力発電所で史上最悪の原子力事故が発生しました。

この事故により放出された放射性物質は、福島県内のみならず、150Km離れた柏にも大量に降り注ぎ深刻な放射能汚染が発生しています。

国や市の発表や動きは全くあてにならないので、家族の身を守るためにフランスからガイガーカウンターを購入し、先日やっと手元に届きました。


購入を決めたのは、4月の20日頃。
千葉県のモニタリングポストは市原にあり、柏から非常に離れているため参考にならないと考えていました。
運良く、柏市の東大柏キャンパスや国立がんセンターで放射線量の計測を公表しており、その数値も3/21以降急激に上昇していたことから子供を持つ親として、必要性を感じていました。

3月の事故発生直後もe-Bay等でチェックはしていたのですが、当時2万円を超える出費は痛く、柏まで距離もあるので大丈夫だろうと思っていました。

4月に入り、ガイガーカウンターが手に入りづらくなってきたのが分かり、色々探したのですが、既に価格は3月上旬の倍以上に跳ね上がっておりとても手を出せる金額ではありませんでした。

たまたま、私はフランス語が少し理解できたのでだめもとでフランスのサイトで探してみたところ、JR INTERNATIONAL というSHOPで5月中旬発送のRADEX RD1503が250ユーロ(3万円位)で販売していたので、迷わず購入を決めました。(生産者からの入荷の遅れ等もあり、結局手元に届いたのは6月にはいってからです)

既に自宅の周辺や会社の通勤途中等で計測してみましたが、少しの距離の差で大きく数値が変化するのがわかりました。

また、空間線量(地上1m)よりも地面近く(1cm)の線量は圧倒的に高いことも巷で言われている通り実感できました。

ちなみに写真に表示されている「0.14μSv」は自宅(マンション)室内の線量です。表示はやや高めですが、普通は「0.12μSv」が平均値のようです。
基本的にベランダやマンション廊下で計った数値と違いはありません。

マンションの敷地内でも計測してみましたが、廊下やエントランスでは上記とほぼ変わらず、緑の多い場所は高く空間線量で「0.2~0.3μSv」位でした。

恐ろしくなったのは、中庭の芝生ある場所(地上1cm)で測定したときに、「0.91μSv」を出したときでした。
まだ多くの地点を測定できていないですが、それでも植物のある地上1cmではほぼ「0.4~0.65μSv」を計測しています。

空間線量がまだ比較的低いのですが、中庭では小さな子供たちもよく遊んでいるので心配です。
理事会に除洗のため植物の剪定や芝刈りが出来ないか具申してみたいと思います。

今後、市内の学校や公園をはじめとした色々な地点での放射線量を計測し、アップしてゆきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:柏市周辺 - ジャンル:地域情報

プライベート | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<柏市による学校・公園等の放射線量測定について | ホーム |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。